病気について

2022/05/25 |
犬の胃拡張捻転症候群(胃捻転)

犬の胃捻転について

胃の捩れ、異常な拡張から様々な血管の圧迫が起き、急性の循環不全(血の廻りが悪くなる)に陥り、短時間で死に至る緊急疾患です。

明らかな原因は不明ですが危険因子として

・大型犬

・一回のフードの量が多い

・食後すぐの運動

・早食い(空気を飲み込む)

・高齢

などがあります。

 

症状として

吐きそうだが吐けずに、落ち着きがない。

お腹が膨らんできた。

などが多いです。

胃捻転のレントゲン画像

治療

静脈点滴を実施し、膨らんんでいる胃に針を刺し、空気を抜きます。状態が落ち着けば口からチューブを入れて胃の捩れを戻します。

再発予防のため、胃固定する場合は麻酔をかけ開腹手術をします。

胃固定した場合の再発率は5%以下ですが、しなかった場合に一年以内の再捻転および死亡の確率は80%以上と言われています。

状態が悪い場合は、治療の甲斐なく亡くなってしまうこともあります。

早めの治療が大事です。胃捻転が疑わしい症状があればすぐにご来院ください。

カテゴリ
アーカイブ
午前
午後
受付時間:
午前9:00~12:00
午後15:00~18:30
休診日:
水曜日午後・日曜日
ほんだ動物病院
駐車場5台完備
〒790-0046 愛媛県松山市余戸西6丁目8-31